90:長嶋茂雄の話

小学校の時に長嶋茂雄の親戚だと言う先生がいた。

昭和49年

先生の言う通り、ONが小学校に来た。

読売巨人軍がV9を達成している真っ只中の出来事だった。

今日は90回目と言う事で長嶋茂雄が最初に監督に就任した時のエピソード

背番号は「90」

何故「90」なのか?

これは息子の一茂相談したところ現役時代の背番号「3」打率「3割」本塁打「30本」の3を足した数字と言う話だった。

王貞治の「89」はこの数字に現役時代の背番号「1」を足して長嶋茂雄の「90」になるからではない。
単純に「野球:89」が好きだから身に付けたかっただけの話
あしからず

でも、きっと本人にそう突っ込むと「それも多少はありますけどね。」と言って完全否定はしないだろう。

世界の王

優しさと思いやりの人

今日の「優しい」御弁当は

三日連続冷凍コロッケシリーズ
第2弾

「和風餡掛け」

何時ものように白い御飯に金胡麻と海苔を敷く
DSC_2692.JPG
昨日の晩御飯に作ったキャベツと玉葱と榎茸としめじを出汁醤油と水で煮たものを適量フライパンに移し、冷たいうちに片栗粉をまぶして火にかけてとろみを付ける。

最初は片栗粉で白く濁ったおつゆが、温まるにつれて、綺麗な透明に変わる様は、作っている人にしか味わえない醍醐味だ。

これに冷凍コロッケを入れて、頃合いを見て裏返し、両目に味を付ける。

冷凍だと簡単に裏返す事が出来て、食べる時には箸で切れる状態になる。

御飯の上にコロッケを二個ならべる。
DSC_2693.JPG
まだ、完全に解凍していない状態だ。

これにたっぷり餡をかける。

コロッケが見えなくなるくらいたっぷりとね。
DSC_2694.JPG
アオサを振り掛けて完成

今日の御昼は13時

楽しみだなあ( ´∀`)

"90:長嶋茂雄の話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: