559:カニカマネギタマ弁当

カニカマをほぐして糸状にする。
九条葱を小口切りにする。

それらを卵と和えてから熱したフライパンへ投入する。

浅草ビューホテルのビュッフェでプレーンオムレツの焼き方を見て眼から鱗が落ちた。

それまで卵焼きはフライパンに溶いた生卵を載せてそのまま触れずジックリ焼いていたが
そこでは何度も火の調整をしながら生クリームを和えた生卵をさえ箸でぐるぐるしながら徐々に端に寄せて形を整えて一つの焦げもつけずに焼いていた。

これをオムレツに応用すると若干焦げ目が中に層になって香ばしくグルグルと出来損ないのパイ状になって、適当なところで成型にうつり出来上がり。

切れ目も綺麗なオムレツになる。

これは若干強火で焼いて中を包むように形が出来たら、中央部は生なので電車レンジで1分間チンするとおでんの〆のはんぺんみたいにふっくらと膨らむ。

これを輪切りにして切れ目が見えるように御飯に載せて

完成!

カニカマネギタマ弁当
DSC_0633-98d20.JPG
肉団子もあるでよ( ´∀`)

この記事へのコメント