499:ハムエッグ弁当

冷蔵庫の中をあさる。
御弁当のおかずに使えそうなミートボールとウィンナー

でも、使ってはいけない。

横にはラップで中途半端にくるまれたロースハム

ラップを外して中を見ると冷蔵庫の乾燥でやや干からびている。

それが最後の2枚

これなら文句は言うまいて

そっと温めたフライパンにのせると油が染み出てくる。

堅くなる手前だったようだ。

フライ返しで裏返すと油でみずみずしく見える。

焦がさない程度に温めて生卵を2個投入

黄身がハムの中心に来るように位置を調節して水を回し入れ火を強め硝子のふたをする。

火を弱めガラス越しに卵が白く蒸し焼きになるのを観察しながら朝食の準備をする。

朝食は卵かけご飯

今朝も良い表情だ。
DSC_0073.JPG
醤油が無いので仕方無く隣のニンニク醤油を使う。

普通ならニンニク醤油は中のニンニクがある程度漬かると箸で摘まんで食べちゃうので都度新しいニンニクに入れ換えるのだがこれは違う。

ニンニク好きの妻が重宝すると思って作ったが使わない。

こっちも意地でも使わない。

そのうち何ヵ月か経って味に丸みが出てくる始末

この真っ黒なニンニクをご飯にのせるとこれが甘味が抜けて絶品だった。

もちろんニンニクの味はするが臭みはそれほどでもない。

お酒と逆で熟成すると臭いも甘味も抜けて深みが出るんだな~

そうこうしているうちにハムエッグが白く蒸し焼きになって完成

塩胡椒をふって完成

貴重な醤油のかかった海苔弁に載せてアオサをパラパラ

夏は塩分取らなきゃね!

この時期、卵の御弁当で大丈夫かって?
昼飯9時半なので問題なし( ´∀`)
DSC_0074.JPG

この記事へのコメント