558:暗い朝弁当

大分日か短くなって 始発へ向かう朝の道に朝陽が射す事が無くなった。 少し前まで美しい朝焼けに向かって歩いていたのに夜道と同じだ。 寒い 車が停止線をオーバーして目の前で停まった。 こんな時間に人影も無く油断していたのだろう。 こっちはそんな馬鹿野郎運転手の事なんてお見通しだ。 引かれないように手前で停まりやり過ごす。 運転手は目の前で停まりながら眼もくれないで去って行く。 軽く…

続きを読む