557:翔猿弁当

これは思い付きの創造の話 昨日の大相撲秋場所千秋楽 何故か厄相撲に叶う三役の取り組み前に鈴本演芸場で聞いた元関取の落語家桂歌武蔵の相撲の控え室での盆回しの話を思い出した。 優勝争いが拮抗している時に大抵思い出す話 正代が優勝する為にお金が動く 熊本の名士から翔猿に話が行く。 「安心して勝てば良い。」正代に熊本の名士から連絡が入る。 名士は理事長、朝乃山、貴景勝にも連絡を入れる。 …

続きを読む