372:肺炎弁当

サンスター文具の寒い倉庫で汗まみれになって セイカノートの商品を出荷していた48歳の歳男には 遂に良い事は訪れず 営業部長と言う人参に誘われて 間違った道に進んでしまった。 寒い倉庫で汗まみれになると冷たい空気が肺を襲い 何時しか青緑色の痰を吐き 40度の高熱が出た。 滅冷ましで高熱を押さえて出荷の仕事をしていた自分は死ぬところだった。 肺炎は何故か俺を死に至らしめなかった。 …

続きを読む