312:心は裕福なまま弁当

仕事は無い よって お金も無い よって 好きなモノも手に入らない よって 家族を幸せに出来ない よって 友達も去った よって 親の面倒も見られず殺した 母は精一杯強がってくれた 死ぬまで強かった 手足が動かなくても 強く生きて見せた 死ぬ前に担当の先生に 「お世話になりました。」 と言って死んだ。 担当の先生は 母に取り憑かれたように 何度も家族にその話を…

続きを読む